【敏感肌を改善する裏ワザ】正しい日焼け止めの選び方

美白のためには絶対焼かない強めの日焼け止めを使いたいところですが、なかにはお肌への刺激が強すぎるものも多く敏感肌の場合は日焼け止めの油膜感や刺激でせっかく紫外線からお肌を守れても負担がかかりすぎてしまう場合があります。

女性のお肌には乾燥肌タイプやオイリータイプ、敏感肌など様々なタイプがあり、自分のお肌に合わない日焼け止めを使ってしまうと余計に乾燥や炎症、皮脂の分泌過多を促してしまいます。特に敏感肌の方で美白をしたい方の日焼け止め選びは注意が必要です。

刺激の少ない敏感肌用のものを選ぶことができればしっかり塗っても肌荒れやお肌のかぶれを防ぐことができ、紫外線対策もできて美白効果が期待できます。敏感肌用の日焼け止めを選ぶポイントとしては、紫外線吸収剤の成分や、エタノールなどのアルコールに注目することです。

日焼け止めをお肌に塗る前に化粧水でしっかりと保湿することで敏感肌を刺激から保護することができます。化粧水で事前に十分な水分をお肌に吸収させてあげることで、日焼け止めによる乾燥を防ぐことができます。また汗や摩擦で落ちてしまった部分にはこまめに上塗りしていきます。日焼け止めの落とし方も敏感肌を守る上で重要です。

つけたままにしておくと乾燥の原因になるだけでなく、成分が酸化して老化の原因になります。帰宅したら早めに落とすようにしましょう。落とすときは強く擦らず、ぬるま湯で優しく洗います。水だけで落とせるものとクレンジングが必要なものがありますのでパッケージなどの注意書きをよく読んでからケアしてください。

丁寧に洗顔することで色素の沈着を防ぎより一層美白効果を高めることができます。SPF・PA値はシーンに合わせて選ぶようにし、お肌に余計な負担をかけないようにします。塗り直す余裕がなく紫外線の影響を受けてしまったときは火照りを化粧水などでしっかりと沈静化するとともに、ビタミンCなどの栄養素を摂って外側と内側からケアしましょう。

Copyright 敏感肌 改善 All Rights Reserved.